FC2ブログ

ねこまんま獲得日記

うちの子(にゃんこ)に、まんまを食べさせる為に、 お金儲けに奮闘する親猫(ねこ使い)の稼ぎの記録

スーパー・テクニカル・ファック 後編「暴露日記」

スーパー・テクニカル・ファック 後編「暴露日記」

前回までの、お話 中編は、こちら↓
http://manmakakutoku.blog113.fc2.com/blog-entry-13.html
抱きついた、腕を、振り払おうとする、彼、でも、力ゎ入ってない。

「今日ゎいいの、めちゃめちゃに、なりたいの、してほしいの・・・」

さらに、強く抱きつく、まゆ、凄い力で、腕を振りほどき、まゆの、

目を見て、彼ゎ「もっと、自分を、大事に、しろや!勢いで、やっても

後悔が、残るだけやで・・」

彼の言葉を、聞いて、ますます、まゆゎ、この人に、抱かれたいって

熱望してしまいました。そんな言葉が、無く、すぐに、彼が、まゆを、

抱くのを、了承していたら、少し、覚めていたでしょう。でも、

二度に、渡る、彼の、まゆを思っての拒絶に、心の中の、何かに、火が、

点き、ますます、まゆを、燃え上がらせていった。

そして、決定的な、言葉を、口にしてしまう。

振り払われた手で、また、彼に抱きつき、

「勢いなんかぢゃないの、今ゎ○村さんが、好きなの、だから、・・・

まゆの、こと、抱いて欲しいの」

彼が、まゆに、廻していた腕に力が、入り、まゆを、抱きしめ返した。

その時、まゆゎ 何か?わからないが、充足感に、満ちていた。

唇と、唇が、触れそうに、近い、少しためらい、キスを、するのを、

やめた、彼、抱きついた腕を、解き、体を離して、まゆの横に、座った

まゆゎブラウスのボタンに、手をかけ、外そうとした、

その手を、押さえて、彼ゎ、おれが、脱がすって 目で、語った

優しく、ブラウスのボタンを、一つずつ、外していく彼、

粗雑な感や、荒々しさなど、微塵も無い、とても、穏やかな、顔でした。

ブラウス・スカート・パンスト と、優しく、壊れ物を、愛おしく

扱うように、脱がせてくれた、彼

ブラと、ショーツだけに、なって、ベットに、座っていた まゆを、

彼ゎ優しく、ベッドに、寝かせてくれました。その時まゆゎ右手で、

ブラのフォックを、外しました。まゆを、ベッドに、寝かせると、

彼ゎ、横で、服を脱ぎ始めました。トランクスも、脱ぎ、まゆゎ

彼のモノを、初めて、見ました。標準より、少し小さめで、包茎、

でも、色ゎ、萎んでいたけど、黒かった。

彼ゎまゆの、横に、寝転がり、いよいよ、愛撫が、始まります。

彼の、萎んでいるモノを、咥えようと、手を伸ばしたとき、まゆの

手を、払い、彼ゎ「おれゎ逝かなくていいよ、それより、まゆの、

逝くところ、喘ぐ顔、喘ぐ声、息遣いを、見てみたい、この眼に、

焼付けたい・冥土の土産にもっていく」

「え”ぇ~ほんとに、死なないでねぇ」

「冥土の土産ゎ言いすぎやなぁ・かわいい、まゆの、姿を、

忘れたくないだけやで。」と、言い まゆの、足を、開き、M字開脚

させた、もの凄く、恥ずかしくて、心臓が、早くなるのが、わかる

彼ゎ、ショーツの、あの部分に、近づき、真剣に、見ている、

恥ずかしさの、あまり、濡れてきたのが、わかり、おつゆが、にじんで

きてないか・が、気がかりでした。彼ゎ、優しく、手で触れるか触れないか

の、かんじで、まゆの、足の、指、一本一本~くるぶし~ふくらはぎ

~膝~太腿~と、徐々に、上がってきて、内腿まで、来ています。

ついに、ショーツに、指が、入って来た、一瞬まゆゎ全身が、

ビクンッっとなった。それを、確認した彼ゎそこで、やめて、つぎゎ

右手の指に、~腕~脇~ブラの中に、指 また、そこで、まゆゎ

ビクンッっとなった。つぎゎ 左手の指に、~腕~脇~ブラの中に、

指 また、そこで、まゆゎ ビクンッっとなった。

次ゎ右側の鎖骨~首筋~耳たぶ~耳 次ゎ左側の鎖骨~首筋~耳たぶ~耳

ゆっくり・ゆっくり・ねちっこく、1時間も、続きました。

もう、まゆゎ、どこを、触られても、もの凄く、敏感に、感じるぐらい

ハイに、なっていました。もう、ショーツの、中ゎぐちょぐちょで、

内腿まで、おつゆが、溢れて、垂れてきています。

早く、欲しい・挿れて、欲しくて、彼のモノを、見ました、

びっくりです。もの凄く大きく、ギンギンに、脈打っていて、

上側に少し、反っていて、とても、中年の、モノとゎ、思えない代モノ

身体の芯が、カァ~ッと、熱くなりました。そんな、まゆの様子を、

悟ったのか、彼ゎ、「そろそろ・かな?」って、ゆっくりブラを、外し

ました。ブラを、外すとき、ブラが、乳首に、触れ、また、

ビクンッっとなった。乳首ゎ硬く、勃っています。

「可愛い乳首だね!」彼の言葉に、更に、乳首ゎ硬くなり

舌で、触れ始めた。瞬間 今まで、一番強烈な、ビクンッに、襲われ

「あぁぁあっ・・・ぅ」と、声を、上げてしまった。

彼ゎ、嬉しそうな顔で、まゆを、見ている、恥ずかしくなった、まゆゎ

「だって、すごく、いいんだもん」「感じてる顔・凄くかわいいよ。」

まゆゎ、恥ずかしいより、気持ちいいのが、優先していた。恍惚の

表情を、彼に、見せていたと、思う。「ねぇ~欲しいの それ 挿れて」

彼ゎ「わかった、ちょっと準備するから、見てて」まゆゎ??準備?

見てて?って何の事?って感じでした。彼のモノゎさっきより、硬そうに

なっています。ゴムの、箱を、開け、ごむを、12枚取り出し、

一枚を、モノの、先端から、カリの下まで、で、止め、カリの下で、

ゴムの段が、出来ている状態です。更に、二枚目ゎその段を、越えた

とこまで、と、つづけて、10枚・カリの下から、10個の段が、出来

カリに、近ずくほど、段ゎ、大きい、次ゎ11枚目、彼ゎ得意げに

鞄から、小さなビニール袋を、取り出し、「買っておいて良かった。」

って言った。それゎ、小さな5ミリぐらいの直径の玉が、一杯入ってた。

「なに?それ?」「あぁ!子供に頼まれてた、モデルガンの、BB弾

まだ、何袋か、買ったから」と、言い 11枚目のゴムの、中に

12~3粒入れた、さらに、仁丹を、2~3振り 空気を、抜きつつ

被せていった。BB弾と、仁丹を、ゴムの段の溝に、均等に、並ぶ

ように、配列している、目の前で、もの凄いモノが、出来てきている。

まゆゎ、あれが、挿ってくるって考えると、更に、おつゆが、溢れるのを

感じた。「もう!完成?」って聞くと、「あと、最後の仕上げ2つ」

って、言い残し「はさみ~はさみ~」って言って何かを、探しにいった

まゆゎ・はさみ??なぜ?って思っていると、彼ゎ、ハサミと、輪ゴムを

手に帰って来た。そして、輪ゴムで、自分のモノの根元のゴムの端を

止めた「これで、萎れへんし、ゴムも、ずれへん」そして、12枚目の

ゴムを、取り出し、くるくるほどいて、長くして、自分のモノの、

先端より、少し根元のほうで、結び始めた、かた結びで、結び目ゎ

上で、結び目から、1センチ位のゴムを残しハサミで、切った。

「どうして?結んだの?」「あとで、わかるよ」

まゆゎ彼のモノに、触ってみた、凄く、硬いし、美味しそう

彼ゎゆっくり、まゆのショーツを、脱がせた、案の定 ショーツの中

ゎぐしょぐしょで、脱がせた、ショーツがら、花びらまで、何本も、

糸引いてる状態、「あぁ~こんなに、感じてくれたるんや・うれしいなぁ」

彼ゎ、ぐしょぐしょ具合を、開いて、中まで、見ている、上に、

上がってきて、初めての、キス、彼ゎ軽くしてきた、まゆゎディープな

キスで、答えた!彼も、徐々に、ディープ気味に、なり、お互いの

口のなかで、舌と、ぬるぬるの、唾液が、絡みあい、ますます、

まゆを、淫乱に、させる、下腹部に、彼のいきり立ったものが、

時々あたる、まゆゎ、そのたび、全身に、電気が走る。

荒々しく、胸を、もみ始めた彼、もの凄くかんじるぅ

凄い大きい声で、喘いでいるまゆ、頭のどこかで、わかっていて、

わかっていない!気が付くと彼ゎ、おつゆで、溢れた、まゆの、花びら

に、顔を、付けて、じゅるじゅる、音をたてて、吸い始めた、

もの凄く、卑猥な、音、でも、すごく気持ちいい、恥ずかしい

気持ちいい、舌で、内壁~栗を、触って・ころがして、栗を、

剥いて、いぢめて、もう、栗ゎ、露出して、赤く充血して、

とてつもなく、敏感で!彼ゎまゆの太腿を、持ち上げ、膝で前進し、

先端を、花びらに、当ててきた。早くほしい、受け入れたいおもいで

いっぱいで、膣壁も、伸縮している感じ、ゆっくりと、先端が

押し入ってきた。すごく大きい、ボコボコが、気持ちいい

気が遠くなりそう・・ようやく、全部入りかけたころ、栗に、衝撃

身体に電気が、走った、まゆゎ「はぅっ」っと声にならない、絶叫を

上げた、結び目の1センチのゴムだ!ピストンのたびに、栗を、触る

しかも、栗を、触った後、子宮の、奥付近に、先端が、あたり、栗の

内側に、結び目、抜く時ゎその、逆から、モノの、反り具合が、また

栗に、入る瞬間、ボコボコに、栗が、押される、

最初の、愛撫で、敏感になって、愛液で、じゅくじゅくなので、

もの凄くきもちいい、ピストンの、たびに、電気が走る、

濡れてなかったら、ものすごく、痛いだけたろうなぁ

ゆっくりピストンする、彼 それでも、まゆゎビクンビクン

痙攣ぎみです。気持ちよすぎて、首を横に、振りながら、

ついに、大きな波が、やってきました。

「もうぃぃ~やめて~やめて~」絶叫してしまいました。

すると、彼ゎ、もの凄い勢いで、突き始めました。

失神しました・・・・

気が付いたら、彼ゎ 横で 寝て いました。

ゴムを、付けたまま・・

ゴムを、外してみましたが、中にゎ 精子は、入ってませんでした。

逝ってないんだ・・・・まゆが先に、失神したから

まゆゎ、小さくなった、彼の、モノを、口に、含み、舌先で、

皮の、内側、カリ、ネクタイなど、愛撫しました。

少しずつ大きくなる、彼、「わぁ~」って驚いて、おきちゃいました。

「ごめんね!まゆの、為に、感じさせてくれて、でも、

逝ってないんでしょ?」「ううん、逝ったよ」

「嘘~ゴムの中調べたモン」「ばれたか~」

彼のモノは、5分ぐらいで、大量の、精子を、まゆの、お口に、吐き出し

ました。どくん・どくん・びくん・びく・びく 痙攣が、おさまるまで、

まゆゎ、お口の、中で、愛撫していました。ティシュを、手渡す彼、

空っぽの、口の中を、見せるまゆ、「全部のんぢゃった。」

あたまを、いいこ いいこ って なぜられ 抱きついて 寝ました。

朝・起きたら、もう、彼ゎ いませんでした。置手紙が・・・


昨夜は、ありがとう、念願かなって、うれしかったです。

とても、かわいかったよ・でも もう 会うのは、やめましょう

私も、一人では、ないので、この次、会うと、全てを、捨ててしまい

そうで・・正直 怖いです。一夜の、奇跡が、おっちゃんに

生きる希望を、与えてくれました。感謝してますよ!

ありがとう・お元気で・・

































































スポンサーサイト



PageTop

最近のまゆゎ?カリスマ外為トレーダーでしゅ「暴露日記」

こんちゃ! まゆでしゅ

今日ゎお仕事のお話でしゅ

それも、とってもウレシカッタお話しでしゅ

去年の12月に、あるホームページを見つけました。

外国為替取引のソフトのページでしゅ

まゆゎ2年ぐらい外国為替取引やってましゅ

http://manmakakutoku.blog113.fc2.com/blog-category-5.html
で!で!なんと、ここでゎソフトを無償配布していたんですねぇ

で~ 早速ダウンロードしました。 

とっても詳しくて、初心者にも分かり易く

外国為替取引をまったく知らない人でも、できる内容でした。

でも、やはり、無料版なので・・[m:246]

まゆに、とってゎこれからってところで、終わりでしゅ[m:79]

なんか、エッチ寸前で、相手に爆睡された気分でしゅ[m:78]

さらに、読んでいくと、発見!!しましたぅ[m:66]

[m:49]モニター募集のお知らせ[m:49]

なんと、フルセット版 発売前の無料モニターでしゅ

早速応募しちゃいました。[m:47]

~で!!なんと、ラッキー まゆが、締め切りぎりぎり でしたぅ

このソフトの歌い文句は、ソフトさえセットしてしまえば、

誰がやっても、結果ゎ同じ・・・サルでもできるってかいてあるぐらいでしゅ

サルでゎできないかも(爆)

~で、結果ゎ 最高1日800pipsでました。

ほとんど毎日投資チャンスがありましゅ

多い時で、2~3回

モニター期間1ヶ月 わらいがとまりましぇんでしたねぇ

で~その後、業務連絡が、きましたのでデーターを

メール送信して修了!!

しかも、モニター修了後ゎソフトゎそのまま まゆのもの

うきゃきゃきゃ~

しばらくして、販売ページ完成のお知らせが・・・きた

早速、見に行ったら、収益表は、まゆのとほぼ同じ

やっぱ さるでも できる かも?

マイミクのみんな・特に、

ぐうたらプチセレブ生活のコミュに参加してるみんなぁ~

ごめんねぇ~モニター期間ゎ口止めされてたので、公表できませんでしたぅ

まだ、無償版も配布してるらしいんで、興味があれば、いってみれば?

日給4円のFX
http://muryou.kz-planning.com/

PS

近々 本格的に販売が始まるみたいです。

そのときゎ 値段上がるかも?って言ってた

って言うか 今が、特別価格みたい

PageTop

スーパー・テクニカル・ファック 中編「暴露日記」

前回までの、お話 前編は、こちら↓
http://manmakakutoku.blog113.fc2.com/blog-entry-12.html

不動産屋で、大泣きした まゆ ○村さんは、どうしていいのか?

わからず、おろおろ、ハンカチを、差し出すのが、精一杯ってかんじ

何が起こったか?理解不能な、不動産屋の、従業員一同!!

「とりあえず、俺でよかったら、話しぐらい、聞くからなぁ

もう、泣かんときな!」と、泣きじゃくる まゆの背中を、ぽんぽん

って、叩いて、そそくさと、用事も、そこそこに、不動産屋を、

後にした。

「○村さん、出張って、結構、いいホテル泊まってんのねぇ~」

「まぁな!おれぐらいに、なると、会社が、大事にしてくれるのよ!

まゆちゃん、会社に、大事にしてもらわれへんかったから、おれが、

大事に、したるわ、ベッドの、上やけど・・」

「もぉ~○村さん ぜんぜん 変わってない~やっぱ えっちぃ~」

「おぉ~やっと!笑ったなぁ まゆちゃんは、笑顔が、最高なんやから

笑ってな、あかんでぇ その笑顔に、おっちゃん ヤラレたんやからな

まぁ ヤラレた から ヤリ返すけどな」じゃんけんの、グゥーで

ひとさし指と中指の間から、親指の先端を、出す、あのサインを、

見せた、

「もぉ~やぁ~だぁ えっちすぎぃ~わらえるぅ~」

ラウンジで、お酒を、飲みながら、今までの経緯を、○村さんに、

話しはじめた。○村さんは、まゆの背中を、なぜながら、さっきとは、

ぜんぜん違う、真剣な、顔で、黙ってうなずきながら、聞いてくれました

話しながら、まゆは、当時の事を思い出し、感情が高まって、泣いたり

怒ったり、しながら、話しをしていた。当然、弱いはずの、お酒の、

ピッチも、あがる!全て話し終わるまでに、すっかり、潰れてしまった。

強烈な吐き気で、我に返った、慌てて、トイレへ行こうとするが、

足元が・よろけてこけた・・と、思った瞬間!○村さんが、支えてくれた

「あぶない・あぶない・大丈夫かぁ?気分?悪いんか?」

「うん・・・吐きそう」トイレで、吐いている、まゆの背中を、さすり

続けてくれる○村さん  

なんとか、吐き気も、おさまり、ようやく、普通に話しが、出来るように

なった。「ごめんなさい・○村さん!調子に、乗って、飲みすぎました。

迷惑ばっかり、掛けて、ごめんなさい」

「いいよ・いいよ・呑みたい日もあるよ・特にまゆちゃん、あんな事

あったんやったら、そりゃあ しょうがないわ もし、おれやったら

もっと、荒れてるぞぉ」

「○村さん、でも、荒れること?あるんですかぁ?」

「そりゃぁ、あるよ~結構 キツイ事、多かったからなぁ」

「まぁ この、顔やろ、女性には、モテタことは、無いし、恋愛話しは、

悲惨なん、ばっかりやでぇ・・そんで、酒 強くなってしもたんやけどな」

その後、ベッドで、並んで座りながら、○村さんの、恋愛話し や 奥さん

との、なりそめ や、エッチな、話しや、お子さんの、話などを、していた。

「そやけど、最初は、びっくりしたでぇ まゆちゃんが、おるなぁって

思ったとたん、大泣きやろ」「不動産屋の、ヤツラ 絶対 勘違いしてるぞ!」

「えぇ~どうして?」「だってな!あの絵面は、どう見ても、別れた

不倫カップルの涙の、再会やで~」「あぁ~ほんとだぁ~絶対 勘違い

してるよねぇ~ あんまり いい物件なかったから、いいけどね!」

「それから、ラウンジのヤツラも、勘違いしてるぞぉ」

「それは、どういうふうに?」

「別れ話しに、耐えられず、呑みまくる酒乱女と、それに、

付き合わせれた、可愛そうな男!」

「もぉ~なんで?そうなるのぉ」

「でも?冷静に、あの絵面を、考えてみ?」

「そうなる・・・か!  いぢわるぅぅ」

「さっき わたしが、気が付いたとき、裸やったら、びっくりしてた」

「襲おうと、思ったでしょ?」

「ううん!襲った後、急いで服、着せてん」

「もーうそばっかり」

時間的にみえみえの嘘なんです。

「いや~まゆちゃんが、あまりにも、ええ身体やったから、一瞬で、

逝ってしもた」

もう、時間も、時間やし、そろそろ、休むか、おれ ソファーで寝るし

ぢゃぁ おやすみ」

「○村さん 一つだけ、聞いて いい?」

「ん?なに?」

「いつも、いつも、まゆのこと、抱きたいって言ってるけど、

そんなに、抱きたいの?」

「○村さん、は、言葉なく、小さく、うなずいた」

そんな、○村さんが、可愛く、すごく、愛しく、思えた

気がついたら、まゆは、○村さんに、抱きついていた。

「おれは、うれしいいけど・まゆちゃん、後悔するし、やめとき」

そんな、ことないって思いながら、まゆは、○村さんの、耳元で

「いいよ、後悔なんか、しないから」って、言った


  次回へ つづく






PageTop

スーパー・テクニカル・ファック 前編「暴露日記」

こんちゃ~ まゆです。お目覚め、いかがぁ?

まゆゎ、昨晩も、うなされて、ぱんちゅぐっちょり・おりもの 

ぺっちょりですぅ 今日ゎ、若干22歳のまゆが、その生涯の

22年間の中で、最も、昇天した、ファックのお話しで~つ

まず、設定・時代背景などの、説明の為、プロフィール帳を、

一読されたし~! 読んだことのある人ゎ 飛ばしてね!!

プロフィール帳です。

http://manmakakutoku.blog113.fc2.com/blog-category-7.html

短大卒の20歳のまゆゎ、某商社に、入社しま~す。

そして、しばらくして、転属変えで、受付嬢に、なりました。

その方との、出会いゎ 受付嬢の、仕事も、一通り、理解したころ

でした。営業で、弊社に、来られた、その方ゎ 年齢ゎ40歳ぐらいの

さえない、おやじ でした。~まぁ まゆの好みとゎ、対極に、居る

ような方で、オヤジギャク連発の少し頭髪の、薄い エッチな、おやじ

です。エッチと、いっても、言葉だけで、セクハラや、陰湿なものでゎ

なく、あかるい・すけべ・にくめない・おやじ・でした。

今になって、思えば、

まゆゎ小さい時に、お父さんが、亡くなったので、エッチな、部分以外

ゎ、父親の、イメージを、重ねていたのかもしれません。

その、人ゎ ○村 さんと、いい、△□商事の、部長さん でした。

口癖が、「おっちゃんゎ、なぁ!まゆちゃん抱けるんなら、その後

すぐに、死んでも・いいでぇまゆちゃんの上で、発射後な!」

で、いつしか、そんな、言葉も、挨拶のように感じられた、ぐらいの、

明るさ、と、さりげなさ、あそこまで、エッチな、内容の、話しを、

そんな事ない、普通の会話の様に、感じさせられる、話術が、

印象的でした。その時ゎ、それぐらいの、知人程度でした。

その後、社長秘書に、なった、まゆに、社長の、セクハラ攻撃が、

顕著化し、まゆゎ、会社を、退職する事と、なります。

結婚したかった、大好きな、彼にも、捨てられ、失意の、どん底に、

突き落とされ、実家にも、居れなくなった、まゆゎ 全てを、リセット

する為に、関西へ、引っ越すことを、決意し、大阪の某市の某不動産屋

に、部屋探しに、行っていた。4件ほどの、物件の、案内が、終わり

不動産屋さんの、事務所に、戻ってきました。どの?物件が、良かった

など、と、相談を、しておりました。・・・・と!

まゆの、後ろの方から、大きい声の、おやじ、と、不動産屋の営業マン

が、話しながら、入ってきた。 ん?この声ゎ??

まゆが、振り向くと、同時に、その人ゎ

「まゆちゃ~ん?なぜ?ここに?」

「○村 さんこそ!どうして??」

「わしの部下が、大阪転勤決まったんよ!それで、出張ついでに、

下調べしてやってるんよ・データ集め!!」

「まゆちゃん、会社やめたん、やってなぁ・たいへんやったなぁ」

○村さんの、その言葉を、聞いた、瞬間、涙が、とめどなく

溢れてきて、止めることゎ出来ず、声を上げて、大泣きしてしまった。


次回へ つづく

PageTop

ももちゃんの検証結果 「暴露日記」

こんちゃ~! まゆ です。

連日・連夜・遊びまくっています。

まだ、静岡の、ももちゃん家に、居候でつ

夕方ぐらいから、観光ざんまい+グルメざんまいで、

そのまま、クラブへGO!か、飲み屋に、GO!か

どちらか、でち!

~で~早朝・帰ってきて、10分ぐらい、パソで、仕事して、

その後、1時間ぐらいmixiチェックして、寝て、

昼起きて、夕方まで、だらだら~

の、繰り返しでつ

遊びに行ってる間も、よく、携帯で、mixiチェックしてるんで、

ももちゃんから、ダメだし、を、くらっています、~がぁ!

やはり、遊びに行ってても、mixiが、気になってx2

しかたありません。

なので、夜~朝の、メッセや、カキコ、日記の、下書きゎ

主に携帯くんのお世話になっております。

毎朝、電池が切れるのが、日課に、なるぐらい、駆使してましゅ

この間、ももちゃんに、隠れて、携帯いぢってるとこ

見つかってしまい、しっかり、携帯チェックされて、しまいました。

旦那の、浮気チェツクに、奥さんが使う、変換機能です。

ーーーーーーーーーー以下・変換ワードーーーーーーーーーーーーーー

あ → あぁ~ 赤西く~ん 愛液 アクメ あぁ~ん あは~ん アロンソ

い → 逝くぅ イマラチオ いぃ~のぉ イキリ立つ 挿れて

う → うきゃ! うぅ~ うしろが 

え → えぇ~ え”ぇ~ 

お → お○んこ 押し倒す オ○ニー オーガズム おこちゃま 玩具

か → 感心 感激 感謝だぉ 感じるぅ

き → きゃはっ!!きゃぁぁぁ~ 近親相姦 

く → クリ○リス ク○ニ くらい ぐらい

け → 携帯 検査 毛

こ → こうやって ここを ここへ コチン 小悪魔

さ → 早速 参考 

し → 視姦 親戚 侵入 シューマッハ

す → 凄い すげ~ 

せ → セックス 先端 

そ → そうなんだ そんなとこ 反り 

た → 立ちしょうべん 舘ひろし たってきた 

ち → ち○ぽ ちょ~ 調子 

つ → っていうか 突き 付く

て → 展開 天童よしみ 天津飯

と → と、いうのゎ 突撃 とんでもない ドS

な → 中に 中だし ないよ なく  

に → 妊娠 任命 任三郎 人気 肉棒

ぬ → 濡れる 濡れちゃいますぅ 抜いて ヌード

ね → ねこ使い 寝る ねんごろ ネグリジェ

の → 載せる 乗る 野 

は → 犯 履く 半

ひ → ひぃ~ 日 品 昼から

ふ → 不倫 夫婦 不思議 ふしだら 古畑

へ → 変 変態 へんな 

ほ → ほうけい 放置 保障

ま → まっか まっくろ まじでぇ まっぱ まっしろ

み → みんな 未完成

む → むすめ 虫 蒸し暑い むらむら

め → めっちゃ 面目 綿棒 

も → もし もしも ももちゃん

や → ヤラれる やらしい やったー

ゆ → 夢 夢みる 

よ → よ~ん よい

わ → わんこ 忘れ

ん → ん~


PS

持ち寄り作文「○○が□□と△△でXXした。」みたいなやつ 

で、なんか?関連性ありそな、かんじで、面白いw

しかし、ことごとく えろい ですねぇ

PS 2

もし、携帯紛失 したら、こっぱずかしいw でしゅ


PS 3

閲覧中の、中の、ある二人の、会話

A とうとう、こいつ あかんなぁ!

B へぇ~ なんで???

A こういう あ~ん までの 50音の、ネタやるって もう スランプ

近いって ことやで!

B あぁ!それで 一行飛ばして 文字書いて 多くみせてるんや!!
A それも、いえるかも、しれへんなぁ
B いまごろ 行 詰めても おそいw
A ・・・・・・・・ 

しかも・・ら行 飛ばしてるし・・・

PageTop